レンタルサーバー
livedoorのレンタルサーバー。メール・webがブラウザから簡単に設定出来るplesk搭載。ウィルス・スパム対策も万全!
レンタルサーバー比較
高い稼働率と会社としての信頼性、 サポートが充実しているレンタルサーバーサービスを比較
占い番組
占い師が一人一人の運命を丁寧に診断
iPhone5アプリ
iPhoneのアプリを無料から有料まで独断と偏見でレビューしています
オンライントレード比較
ネット証券で自分にあったサービスをランキングから探そう!
クレジットカード学生
クレジットカード人気ランキングを見て自分にあった会社を選ぼう

NetCommonsとは?

NetCommonsに関して、wikipediaでは下記のように説明されています。

NetCommons(ネットコモンズ)は、PHP、MySQLなどの上で動作するコンテンツマネージメントシステム(CMS)であり、国立情報学研究所NetCommonsプロジェクトが開発している。「ネットの上で共有財産・共有知(コモンズ)を築く」ということが名前の由来。

NetCommons1.x系はXOOPSをベースに開発されGPLライセンスの下で公開されていた。 一方、2008年8月にリリースされたNetCommons2.0以降のバージョンはMapleを土台にスクラッチから開発され、FreeBSDライセンスの下で公開されている。CMSには珍しく30以上の基本モジュールを同梱しているため標準パッケージのインストールには約30MBを要し、比較的重量級のCMSとなっている。なお現在でも1.x系のサポートは継続されている。 -- wikipediaより引用 --

以下、NetCommonsの特徴をまとめます。

ルーム

NetCommonsには「ルーム」という概念があり、これらルームは管理画面より作成できます。
パプリックスペース:情報を公開する
グループスペース:情報を共有する
プライベートスペース:情報を格納する

モジュール

以下のように汎用的な機能はモジュールとして用意されており、簡単に実装できます。
・お知らせ
・日誌
・掲示板
・カレンダー
・カレンダー
・To do
・キャビネット
・アンケート
・小テスト
・汎用データベース

権限の設定

情報共有のツールとして、各ユーザーの権限を細かく設定することが可能です。

直感的な操作

サイトの管理は管理画面から全て直感的に行うことが可能です。

What’s New?

  • CMSっていろいろある
    - 一言にCMSといってもいろいろあります。 利用したこともあるものもあれば全く利用したいことないものもあります。 でも、便利ですよね。 はじめて使う人でもすぐに使いこなせるようになるし、 とても助かりま...